スポンサーサイト

         

一定期間更新がないため広告を表示しています



リバウンドしないダイエットはこちら



リバウンドしないで、簡単に痩せる体質になる方法

         
リバウンドしないで、痩せる体質になるには?

どうしたらいいか、あなたには分かりますか?


リバウンドなんて、考えたくもない。

あなたはそう思うかもしれません。


しかし、あなたが、ダイエット後にリバウンドを起こしやすい体質なら、リバウンドの正しい知識を知ることは、痩せるために重要です。


あなたは、短期間でやせるために、注意すべきことを知っていますか? 間違ったダイエットでリバウンドを繰り返すと、やせにくい体質になってしまうのは、ご存知ですか?

いくらやせたか気にするあまり、自然な体重の増減を、リバウンドと誤解していませんか?


これらのことが理解できていれば、あなたは簡単にやせることができます。


リバウンドしないダイエット方法とは?


ダイエットに成功して、痩せた!と喜んでも、リバウンドがおきてしまう。

こんな経験があなたにあるなら、あなたは、痩せられない罠にかかっているかもしれません。


リバウンドとは、ダイエットで痩せた体重が、元に戻る、または、ダイエット前以上に体重が増えるすることですね。

間違ったダイエットでリバウンドを繰り返すと、やせにくい体質になってしまいます。


ダイエットをしていなくても体重は増減するのを知っていますか?

あなたが、ダイエット中の体重や体脂肪率に、敏感になっているなら、これを深刻に受け止めてしまうかもしれません。

しかし、リバウンドしてしまった!と焦って、摂取カロリーをさらに減らしたりすると、栄養素が偏り、やせにくい体質になってしまうのです。

それに、やせるのは筋肉だけで、脂肪が減らないので、リバウンドもしやすいのです。


絶食ダイエットや単品食ダイエットが良くないのは、体脂肪ではなく筋肉が落ちているだけだからです。


筋肉が落ちると「必ず」リバウンドしてしまいます。


しかも、同じ量でも脂肪より筋肉の方が重いので、筋肉が減って体重が減ってもあまり痩せたように見えません。


痩せるために効果的なダイエット方法とは


まずは、簡単に出来る事。

そして、リバウンドしない事。


この二つが大変重要なんです。


あなたは、「短期間でやせる」とか、「3日で3キロやせる!」などというキャッチコピーに興味を引かれたことはありませんか?


しかし、3日で3キロやせると言うのは、体脂肪ではなく、筋肉や水分が無くなっているだけなのです。

体内水分が過剰な人は、体質改善ダイエットを始めると、最初の2週間で5キロ以上やせるケースもあります。

しかし、健康に、体脂肪だけやせて、リバウンドしないダイエットの為には、1週間に1キロ以上やせる事は出来ません。


このように、間違ったダイエット方法を実践している方が多く、そんなダイエット方法を無くしたいという気持ちが強くなりました。


ダイエットを成功させて、スタイル良く痩せる方法。


それは、ダイエットの正しい知識を理解し、無理なく、失敗しにくい方法を選ぶことです。



リバウンドしないダイエットはこちら



リバウンドの起こる仕組み

         
リバウンドが起こる仕組み。

リバウンドが起こるのは、自分の意志が弱いからだ。
あなたはそんなことを考えていませんか?

あなたが、今までダイエットに挑戦しても、リバウンドを繰り返してきたなら、今から重要な事を言うので覚えておいて下さい。

リバウンドはダイエットを行う際に、体が環境変化に適応する、生命維持活動なのを知っていますか?

あなたがダイエットを行うと、

■摂取カロリーの減少

■体重の急激な変化

■摂取栄養素の変化

これらの変化が起きます。
すると、身体は、これらの変化を認識し、適応しようとします。

人間には、生きていくために、環境変化に適応する、ホメオスタシス(生体恒常性機能)という機能があります。

食事制限や単品食などのダイエットにより、栄養不足の状態が続くと、この『ホメオスタシス』が働きます。
ホメオスタシスは、この変化に適応するため、食事制限中は、エネルギー消費を減少させようとするわけです。
具体的には、ホメオスタシスが働くと、少ない摂取カロリーでも生きていけるように、骨量や筋肉量が変化したり、体重の急激な変化が抑えられたりします。

長期間、食事を取れない場合などは、このホメオスタシスが働くことで生命を維持できるわけですね。
しかし、ダイエット時にこの機能が働いてしまうと、あなたにとっては、『食事を制限しているのに体重が減らない』状態になってしまいます。

あなたにも、経験がありませんか?
これが、『停滞期』と呼ばれるダイエットの落とし穴です。

体がこの変化に適応するまで約1ヶ月かかるといわれます。
停滞期は約1ヶ月続き、ここでダイエットをあきらめてしまうケースが多いのです。

リバウンドというのは、体の適応能力が働いている状態で、元の生活に戻った時に起こります。
ダイエットをあきらめてしまって、食事を元に戻しても、ホメオスタシスは働き続けます。
ダイエット前よりも少ないエネルギーしか消費しない体になっているのに、ダイエット前と同じ食事を取る
すると、ダイエット前よりも余分なカロリーとして蓄えられやすい

つまり、太りやすい状態になるため、体重が増加してしまうのです。
これが、リバウンドの起こる仕組みです。

しかも、あなたが満腹感を感じる機能も狂いやすくなります。
ダイエット前の食事量では満腹感を得ることができず、気付かないうちに、食事の量が増えてしまいがちです。

この悪循環に陥いれば、体重は増える一方。

これを何度も繰り返す事で、どんどん太りやすく痩せにくい体質になっていくのです。

短期間で痩せるダイエット方法の危険



あなたが今まで試みたダイエット方法は、どんなダイエットだったでしょうか。
最近、短期間で痩せるダイエットが話題ですね。
一週間で五キロ痩せるなど、ごく短期間で急激に痩せるダイエット方法です。

こういった、短期間で痩せるものをはじめ、絶食ダイエットや単品ダイエットなどで、極端な食事制限を行う場合は、1日2日で急激な体重変化が起こります。

しかし、これは、脂肪が減って体重が落ちているのではありません。

実際は、摂取する食事の量が減ったことや、ダイエット中に排泄された便の重量が変化したものであるようです。
脂肪が1kg減少するためには、9000kcal消費しなければいけません。
なにもしないで食事制限だけで、1日に体重を1kg変化させることはほぼ不可能といえるのです。

また、風邪を引いて、痩せることができたという人がいますが、それは痩せたのではなくやつれただけです。
体の脂肪を燃やすことができたわけではないのです。

このような短期間で痩せるダイエット方法で減った体重が、1日で元に戻るような場合の体重増加は、リバウンドではありません。

ダイエット中に体重が増加することが、すべてリバウンドと考えてしまうと、ストレスの元にもなり、精神衛生上よくありませんよね。

それでは、どうしたら、あなたは健康的に痩せることができるのでしょうか?

ここまで読まれたあなたなら、分かるのではないでしょうか。

「自分の体を知り、地道に運動や食事でダイエットする」

なるほど。

しかし、それは誰にでもできるダイエット方法でしょうか?

あなたが簡単に、無理なく痩せるには?

ダイエットを成功させて、スタイル良く痩せるためには、どうすればいいでしょうか。

そうです。

リバウンドするようなダイエット方法ではなく、あなたが何もしなくても、簡単に痩せる体質になることです。


リバウンドしないダイエットはこちら


続きを読む >>

ダイエット成功させて、痩せる方法

         
ダイエットを成功させる為に重要なことは、何だと思いますか?

ダイエットを成功させて、痩せる為には、いかにストレスを軽減するかということが大切です。

あなたにとって、体重を落とすことが、ダイエットの目的になっていませんか?
しかし、人の体は機械ではありません。
毎日の体重変化に一喜一憂してしまうとリバウンドが気になってしまいます。

しかし、あなたがリバウンドに対する正しい知識を持てば、ストレスを感じず、簡単にダイエットを成功に導く事が出来ます。

筋肉を増加させることや、骨量の減少を防止することがリバウンド防止には不可欠です。
しかし、脂肪よりも、筋肉や骨の方が重量も重く、体重の減少を感じることは難しくなってしまいます。

これにモチベーションを下げられてダイエットを止めてしまう人も多いでしょう。

実は、正しいダイエットほど、進捗が遅いものなのです。
ただ、確実に脂肪は減っているはずです。焦らず頑張る事が大事です。

ダイエット成功のコツ



ダイエット成功のコツとは、毎日の体重の増減を気にしすぎないことです。

そうは言っても、あなたが毎日ダイエットの進捗を知りたいなら、除脂肪体重や体脂肪率、基礎代謝等を測れる体重計を使うことは有効です。
日々のモチベーションを維持することができるでしょう。

それでも、人の体は機械ではありません。
直線的に痩せていくとは限らないことを覚えておいてください。


リバウンドしないダイエットはこちら



皮下脂肪とセルライト

         

皮膚をつまんでみると、脂肪が付いている感じがする。

あなたは、いかがでしょうか?

男性よりも女性に付きやすいと言われる皮下脂肪。

セルライトができやすくなる原因とも言われます。

あなたも、こんな皮下脂肪、落とすことができたら・・と悩んでいるかもしれません。


「脂肪の定期預金」と呼ばれる皮下脂肪。

皮下脂肪は、内臓脂肪に比べて、溜まりにくい脂肪と言われます。

このたに、皮下脂肪は「脂肪の定期預金」と呼ばれるのですね。

逆に言えば、むしろ、あなたが気づかぬうちに、少しずつ溜まる脂肪と言えるかもしれません。

一度つくと、代謝が悪く分解されにくいため、皮下脂肪は減らすことが難しいそうです。

溜まりにくいが、減らすことが難しい皮下脂肪。


皮下脂肪は、溜まったまま、代謝されないままでいると、セルライトが出来る原因になりやすいと言われます。

セルライトを除去するために、さまざまなセルライト対策を試みる方がいますが、神経質になるのも、考え物です。

ストレスは、ダイエットの敵ですからね。



リバウンドしないダイエットはこちら